型枠式カラータイル工法
  KC工法
 
  KC-S工法
  事例紹介
  協議会について
  会員紹介
  導入実績
  お問い合わせ
  会員専用PR資料
  HOME
 
 
 
 型枠式カラーグリップ工法は、タイル調、絵模様のパターンの型枠を用いて、速硬化型の樹脂を路面に塗布し骨材を散布する事により、快適な都市空間を演出する工法です。
  骨材を散布することにより、すべり抵抗性が向上します。
  薄層のため、段差が生じません。 バリアフリー化に最適です。
  標準色調の白みかげは、路面温度の低減効果があり、ヒートアイランド現象の抑制に寄与します。
  速硬化性の樹脂を使用することにより、短時間での施工、早期開放が可能です。
 

耐候性、耐摩耗性、防滑性に優れ、また舗装表面が強化されますので舗装の耐久性向上に繋がります。

<歩道橋改修工事(コンクリート下地)>
       
 
@工事スタート(下地清掃工)
Aプライマー工
B目地層工
 
       
 
C型枠貼付工
D表層仕上げ工
E型枠除去工
 
         
 
F清掃・骨材回収
Gトップコート工
H完成後
 
 
  型枠厚み・・・約0.5mm サイズ 420mm×620mm   ※特注型枠は御相談ください。
             
 
KC-11
(白みかげ)
KC-12
(グレーみかげ)
KC-13
(黒みかげ)
KC-21
(桜みかげ)
KC-22
(赤みかげ)
KC-31
(宝来)
 
             
 
KC-32
(山吹)
KC-33
(黄みかげ)
KC-34
(かけがわみかげ)
KC-41
(草/しろ)
KC-51
(青/しろ)
KC-52
(青みかげ)
 
                 
 
KC-N1
(庵治石)
KC-N2
(イエローチャート)
KC-N3
(淡路五色)
KC-N4
(紅)
 
※画面上の色調と実物と多少異なる場合があります。
 
 
 
KC協議会
Copyright(C)2005 KC Industrial Method Conference ALL RIGHTS RESERVED